読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏差値40からのはてなブログ生活

頑張って書いてみる

ふと思いだしたこと

昔電気屋でバイトしてる時にテレビの配送先がその筋の人達の事務所でした。

しかも超でっかいリアプロジェクションテレビで、一緒に運んでた人の手が震えててテレビを落としたり家具とかにぶつけないか心配だったなー。

まあその配送自体は特に問題もなく無事終わりましたが。

 

で、時は流れて、、 

その後、就職して社会人2年目の秋だったか、エンドユーザの元にシステムのお守り役として一人で放り込まれる事態に。(1,2ヶ月後には元請けの会社のプロパーが参加するけど)

いままで元請けの会社のビルで自社メンバの指示の下ヌクヌクと仕事してたのに、突然最前線に投下されて毎日ビビってましたw

そもそも引き継ぎも形式的にやっただけだからシステムで問題が起きてもスグには直せないし、その間エンドユーザの業務は止まりっぱなしだし、、

で、なんか「営業所に行って障害の様子をみる」なんてタスクが出来ると「どんだけアウェイなんだ、、」と、憂鬱で仕方なかったんですが行かない訳にはいかないので「ヤ○ザの事務所にテレビ納めるのに比べたら大したことない」と自分に言い聞かせて仕事してました。

 

その後も時折「これ無理だお、、アウェイすぎるお、、」と思ったときは「ヤ○ザの事務所に・・・」と自分に言い聞かせていました。

さすがに近年はそういう状況はないんですが、ふと思いだしたので書いて見ました。

 

広告を非表示にする